住所:〒292-8565
     千葉県木更津市矢那1083
  TEL:0438-52-3291(代)
  FAX:0438-52-2145
  E-Mail:astra@gis.ac.jp

大学合格体験記2016_学習院大学

 私は,2013年にアストラインターナショナルコースの4期生として暁星国際高校に入学しました。アストラインターナショナルコースは勉強とサッカーの両立,という方針でしたが,入学当初,私は勉強が嫌いな方で,サッカーだけに打ち込もう‼ と考えていました。そんな私がまさか3年後に大学受験をするなんてその頃は全く想像していませんでした。

私が受験を意識し始めたきっかけは高校1年の時のT先生との出会いです。T先生の授業を重ねていくうちに「アストラから初めての現役生のGMARCHを出す」と言われ,そこで初めて受験について考え始めました。ですがそのときは全く真剣に考えておらず,すごく軽い気持ちでした。今となってはそれが逆に良かったのかなとも思います。

勉強を始めたての頃は,新しいことを知れて楽しかったのを覚えています。ですが,やはり面倒くさい,と思い始める時期は訪れます。自分は高2の終わりから高3の夏休み前の時にそう感じていました。実際に勉強が辛くなって途中で指定校を取る方に変更しようともしました。今はそこで迷ったことを後悔しています。いろんな人に迷惑をかけてしまったし,その期間の勉強時間を無駄にしてしまったからです。ですが,結局,一般受験で第一志望に合格したいと思い,勉強を再開しました。

私に必要な教科は現代文と古典,英語,日本史でした。
英語は高校1年時から英単語を授業でやっていたおかげで自分の中で最も得意な科目になりました。やはり英語の鍵は単語だと思います。単語が分かれば英文が多少は読めるようになります。その後,文法にとりかかりました。単語と文法は同じ問題を繰り返し,完全に理解し,自然と頭の中に出てくるまでやりました。
古典も同じような感じです。まずは古語単語から始め,同時に少しずつ文法も始めました。慣れてきたら問題集を解き始め,徐々に難易度を上げていき,難しい問題もわかるまでに至りました。
日本史は,努力あるのみだと思います。やればやっただけ身につくので,ここに時間を割いてもいいと思います。
現代文は自分の中で一番難しかった教科です。これも同じ問題を理解するまで解きなおしました。回数を積み重ねていくうちに,頭の中で内容が整理できるようになっていきました。どの教科も自分が納得するまでめげずに取り組むことが大事です。そうすることで絶対に自分の力になります。
自分はそう信じてやり続けました。

正直に言うと,受験勉強はとても辛かったです。部活と並行して進めることももちろんですが,部活を引退した後の勉強はもっと辛いです。睡眠,食事などの必要最低限のこと以外はすべて勉強に費やしました。行く大学が決まった他の仲間が楽しそうに遊んでいる様子を見ながらひたすら勉強しました。私の場合は特に他の人より勉強を真剣に始めるのが遅かったので,詰め込む形での勉強になり,余裕がなかったです。それもすごく後悔しています。
これから受験を迎える皆さんは毎日少しずつでいいので,勉強に取り組んでほしいです。よく受験を終えた人たちがこれを言いますが,たいていの人は聞き流すだけだと思います。私もそのうちの一人でした。
しかし,本当に毎日少しずつ積み重ねて勉強していけば,私のように詰め込む必要もなくなり,余裕と自信をもって入試本番を迎えることができます。もちろんそんなに早い時期から毎日勉強なんて面倒くさい,と思うに違いありません。ですが,そこで面倒くさい気持ちに勝って,勉強を続けられた人は格段に第一志望合格に近づきます。なので,聞き流すことをせず,ぜひ受験生の皆さんには少しずつ,毎日単語20個だけでもいいから取り組んでほしいです。

そして,とてつもない辛さを乗り越えて第一志望をつかんだ時の喜びは,何物にも代えられないものであり,言葉では言い表せないほどのものです。それはその辛さ,苦しみを乗り越えて合格をつかんだ人にしか味わえないものです。皆さんにもぜひ,その感動を味わってほしいと切実に思います。

最後になりますが,私の受験においてサポートしていただいたすべての人に改めて感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

3年S組卒業生 O君       
学習院大学国際社会科学部国際社会科学科 進学
東洋大学経済学部国際経済学科 合格
東洋大学経済学部経済学科 合格
東洋大学経営学部経済学科 合格
専修大学経営学部経済学科 合格







ログイン